目樽工房

ゴム銃・物作り・写真「乱歩乱撮」・落語・ステージ模型

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第15回「なにわ大賞」特別賞を受賞しました

文字色昨日7月28日「728なにわ)」の語呂合わせで大阪・住吉大社-吉祥殿にて表彰式に出席しました。各マスコミの取材も有りましたが、今朝の朝刊を買い集め見ましたが紙面は殆どオリンピック記事で、我々の出番はおまへんえした。

推薦文
■大阪らしいポイント
> 妹尾保雄さんは木工でいろんな物を精巧なミニチュアーにします。これまで大阪の建物やモニュメントをミニチュアー製作し、失われてゆく物をリアルに立体記録したり、移動不可能な物を模型にしイベント会場に展示して来場者を感心させています。また上方落語に欠かせない見台を組み立て式にすることを発案製作し多くの噺家さんに重宝されています。
>
> ■活動内容
> 妹尾さんは8年前の定年を機に、好きだった木工を趣味として始めました。大阪らしいミニチュアとして「繁昌亭」、「無学」、「道楽亭」など大阪の寄席小屋シリーズ20数軒、名付けて「寄席集め」があります。また大阪には天王寺蕪」「田辺大根」、「こつまなんきん」など伝統野菜の碑があります。これらも妹尾さんの手にかかるとすぐミニチュアになります。難波利三さんの直木賞受賞作「てんのじ村」の記念碑も製作しています。芥川賞作家開高健の育った家も取り壊し寸前に模型にしました。妹尾さんの模型は精密で障子やガラス戸も開閉し屋根を取り外すと建物内部が俯瞰出来ます。見る者をさながら小人の国に行ったガリバーの気持ちにさせます。またある噺家さんの依頼で組み立て式の見台を利益抜きの廉価で作ってあげたのが「どこへも携帯で持ち運べて便利」と口コミで広がり今や上方の噺家の約4分の1の50人以上が妹尾さん作成の見台を愛用しています。最近では能楽師の依頼で能の小道具も製作しています。素人木工といいながら依頼者の注文に応じて妹尾さんの工夫を入れながら上方文化に裏方として寄与する貴重な人です。
受賞写真3連
スポンサーサイト
  1. 2012/07/29(日) 13:19:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<クルージングの旅「船上カメラマン」報告-2 | ホーム | 田邊のホタルと灯ろうストリートの夕べ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

メタル

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。